ダックスコンビ ループ&アスリ

Mダックス、食いしん坊犬ループとガウガウ犬アスリの日常

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ループの年内最後の通院

13日にループと日本小動物医療センターへ。

免疫抑制剤での内服治療から2週間。
排便回数は1日平均12回前後でウンチの状態も以前とほぼ変わらず。
心配していた副作用、嘔吐や下痢、食欲減退はなし!
食欲はありすぎて困るほどだもん(笑)

免疫抑制剤の効果が出てくるのはこれからなので
まだどうなのかわからないけど
無麻酔の内視鏡検査での状態は悪くはないみたい。

気になっていた体重減少は
フード量を2割増しにしても増えなくて、変わらず5.75㎏。
食欲はあるし、元気もあるんだけどね。



体重は増えないけど、減ってはいないしキープ出来てる。
炎症性ポリープも最初はいっぱいあって、粘血も出ていたけど
今は出血もないし、ポリープの数も減って悪くはなっていない。

どっちもね、キープ出来ていることを良しとしようって
先生とそんな話になったんだよね。
治ることはない、ずっと薬を飲み続けなければならない。
だから、悪くなっていないのがプラスなこと。

ポリープが見つかった最初のころより、今は数もずいぶん減って
トイレに行く回数も減ったし
ループが落ち着いて寝ていられる時間も増えたんだもん。
うん、良くなってる証拠だよ、大丈夫!

201712-04.jpg

免疫抑制剤とステロイドは減薬。
効果が出てきてくれるといいんだけどなぁ。

悪化しなければ、年内の通院は今回が最後!

今よりも良くなってきてるってわかる年明けがいいね。
でも、あまり気にしすぎるとダメ!(苦笑)
気長にのんびりいかなきゃね、それが一番!

| 2017 通院記録 | 16:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アスリのこと

アスリのてんかんがわかってから、2ヶ月半くらい。
全般発作は10月3回、11月2回、12月はすでに2回。

抗てんかん薬、ゾニサミドを少しずつ増やしているけど
発作は変わらずある。

11月からは数秒と短いけど、部分発作と思えるものが数回。
先生から撮るのは難しいだろうけど動画で見たい、って言われていて
でも、はっきりとわかるものが撮れなくて苦戦中。
アスリが動くたびにカメラを向けるもんだから、ストーカーになってるよ(笑)

それと、ここのところ全般発作後の興奮がすごくて
1~2時間は抱っこしてないと吠えまくる。
物にだったり、私にだったり、すごく執着して吠えまくるの。
その興奮と言ったらハンパない!発狂だもん(苦笑)
だからね、それが深夜だとキツイんだよ~。



その興奮が激しすぎて、ヘルニアになったんじゃないかなぁ。

11月25日、アスリの動きに違和感があって病院へ。
数日前の発作後から、ちょっと元気がないような気はしてたの。

軽度のヘルニア、レントゲンでほんの少し圧迫がわかるかんじ。
ステロイドはなしで、痛み止めのみ。

しばらくは安静にしててねって言われているけど
その間に2回も全般発作。で、大興奮でしょう。
抱っこで落ち着かせる以外なくて、ほんとに困っちゃう。

201712-02.jpg

今の薬はアスリには合わないのかもしれない。

次は臭化カリウムをプラスするか、抗てんかん薬の変更になるかな。
先生とそんな話をしていて、薬の量を増やしてから様子を見ていたけど
そういう時って落ち着いてるんだよね。
で、このまま継続しようって決まったあとに発作がでちゃう。

発作がない期間が少しでも長くなってほしいな。
アスリに合う薬で、早く落ち着いてくれるといいんだけどね。

ヘルニアの安静生活はあとちょっと。 アスリ、もう少しガマンだよ。

| 2017 通院記録 | 16:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

内服治療から4週間 免疫抑制剤

今日で11月も終わり。今年もあと1ヶ月。
あっという間に時間は過ぎちゃうね。

昨日、ループと医療センターへ。
アスリも一緒に連れて行きたかったけど、お家でお留守番。
先週末、軽度のヘルニアだとわかり安静中。

我が家のワン、夏からずっと病院通い。
なんだかんだと毎週どちらかは病院に行ってるんだよね。
ほんとに困ったもんだよ~(苦笑)



ループの直腸の炎症性ポリープ、内服治療から4週間。

3週目からステロイドの量を増やしたけど、良くならなくて
4週目から排便回数と粘膜の量が増え始めたから
ステロイドではダメなんだろうなって嫌な予感はしてたの。

無麻酔での内視鏡検査で予感的中。


内服治療には4種類の薬があるけど
そのうちの一つ、ステロイドがループには効果がなかった。

残る3種類の薬にもメリットとデメリットがあって
ループの脳炎と耳垢腺癌が左耳に残っていることで
どの薬が一番良いのか選択に迷った。。。
ポリープに効果があっても、癌を進行させることにもなるから・・・
減薬できても続けなきゃいけないし、難しい選択。

一番優先するのはポリープをなくすことになるかな。
今の状態が続いていること、長く続くことはやっぱり避けたい。
また悩むかもしれないけど、今はポリープをなくすことを考えた。

2種類ある免疫抑制剤の一つを選択。
今回こそ、ループに効いてくれますように!

201711-22.jpg

それと今ちょっと心配なのが体重の減少。
少し減ってきてるとは思ってたけど、ここ2週間でいっきに300g減。
今の体重が5.75㎏。今まで6㎏以下になったのは脳炎がわかったときだけで
なんとなーくイメージが悪いのよね。
食欲はめちゃくちゃあるから、フード量を2割増しで体重が増えるか様子見。
しっかり増えてくれればOKだから、問題ないといいなぁ。


ずっと2ワンのことでバタバタ気味。。。
体調悪いのが重なるのも大変だけど
2ワン揃って元気だと一緒に楽しめる時間は長いもんね。
今はガマンのときかな。
悪くなるのも良くなるのも一緒の仲良し2ワンだよ(笑)

ほんとはね、何もないのが一番だよー。
ループもアスリも早く良くなって~!!!

| 2017 通院記録 | 18:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

再診と病理検査の結果

ループの直腸の炎症性ポリープ、内服治療から2週間。
15日は再診日でした。

治療をはじめて最初の1週間の排便回数は日に7~8回。
粘血はまだまだ出ている状態。
食べ物のアレルギー反応で両目の下が腫れた。

その後の排便回数は日に10回ほど。
血が混じることはほぼ無くなったけど、粘液と粘膜はあり。

ずっと変わらないのは軟便気味なのと便の細さ。



毎日ループのウンチとにらめっこ(笑)
9月から記録をつけていて、悪くなった時期も良くなり始めたのもわかる。
写真を撮ることもあって、一時期はループのことを撮るより多かった~。
ほんと毎日ウンチのことばっかり(笑)


2週間経って、無麻酔での内視鏡検査。それと血液検査。

先生からは少し良くなってるとお話があったけど
画像を見せてもらうと、あまり変わってないように見えた(苦笑)

ただ、これまでの状態からすると順調なんだよね。

通常便になるまで2ヶ月かかる子もいるようなので
ループもまだまだ少し時間がかかるかな。

201711-12.jpg

両目の下が腫れたのはアレルギー反応だったから
(↑の写真、わかりにくいけど腫れてた時のもの)
合併症も疑ったけど、そこは大丈夫だったようで一安心。


薬はプレドニゾロン、ガスター、ウルソ。
今回からプレドニゾロンを増量。1日1錠から1 と1/2錠へ。

ループの脳炎の発作にも同じステロイド。
今後、発作が出ても使えるようにとポリープの治療もステロイド。

今のところ、副作用は食欲増進。
前に長くステロイドを服用していた時と同じで
ワンワン吠えてのくれくれ攻撃。それと床舐め。
薬の量が増えたから、もっと食欲がでてくるのかもって思うとちょっと怖い(苦笑)

これから脱毛とかほかにも出てくるだろうけど
まずは早くポリープをやっつけなきゃね。

201711-13.jpg

10月31日にとったポリープの病理検査の結果は良性!
ちょっとドキドキしてたけど、大丈夫だった~。


炎症性ポリープはずっと治療が必要で減薬していっても止められない。
まだ治療をはじめたばかりだけど、今後再発や癌化することもあるので
しばらくは通院だし、検査も必要なんだよね。

病院までちょっと遠いのが難点だけど
無麻酔で内視鏡してもらえるのはループの負担も少なくてありがたい。

11月も半ば、今年もあとちょっとだし、年内に復活できるといいな~。
ループ、がんばろうね!

| 2017 通院記録 | 15:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

原因は炎症性ポリープ

8月の去勢と耳の腫瘍の除去手術後もお腹の不調が続いたループ。
前立腺肥大だけの問題ではなかった。

9月からの症状は粘血便、排便回数の異常な多さ、便の扁平など。
いろいろと考えられる治療はしたけど改善せず、10月12日に全身麻酔での内視鏡検査。
一番疑った腫瘍はこのときなくて、組織検査の結果にも異常はなかった。
でも、症状はどんどん悪化していき
粘血便を伴う排便回数は日に20~30回ほどにもなってた。


先生から二次診療施設で診てもらおうというお話があって
所沢にある日本小動物医療センターの消化器科に10月31日の昨日、行ってきました。

事前に今までの経過が病院から連絡が入っているので
それに合わせて、ループの症状の話もしっかり聞いてくれて
今後の検査についてもとても丁寧な説明で、優しい先生に安心感は大きかった。
11時ごろにループを預け、
まずは血液検査、糞便検査、エコー検査、無麻酔での内視鏡など。

201711-01.jpg

13時半ごろ、検査が終わり出た結果は、病変あり。
直腸に炎症性ポリープが見つかった。
肛門から3cm、そこから4cmほどの間にポリープが無数に広がっていたそう。

ダックスの犬種特異性と言われるほど多い炎症性ポリープ。
今後は内服治療になるそうで、効果がある薬が今は4種類あって
その中のどれかは合うだろうということ。
減薬は出来ても、薬を止めると再発してしまう。
それがガン化することもある怖い病気。

良性の確率が高いとは言え、やはり悪性の可能性もある。
内視鏡でポリープをとり、組織検査が必要になったので
この日、全身麻酔での内視鏡になった。


10月12日の内視鏡検査では何もなかったのにね。。。
その時は治療に使っていた薬が効いていたのか、症状だけが先行していたのか
今回、一気にポリープが増殖したのかはわからない。
でも、それがあり得るのがこの病気の怖いところなんだと思う。


すべての検査が終わって、先生からのお話があったのが18時過ぎ。
ポリープは大きいもので7~8mmあって
全部で30個ほどを組織検査に出すことになった。
画像を見せてもらうと、小さなポリープはまだまだたくさんあったけど
小さな状態なら薬の効きも良いみたいなので、ループも少しは楽になるかな。

1週間ほど前、親指ほどもある粘度の高い粘血が出て、
脱腸したのかと思って焦って、近所の病院に駆け込んだけど
今のループには脱腸の可能性もあるらしい。
まだまだしっかり様子を見なきゃね。

病理検査の結果は次の再診、11月15日にはわかるそうだけど
良性でありますように!

とても丁寧に説明してくださる先生、不安も解消されました。
診て頂いて、本当に良かったです。


201711-02.jpg

ずっとずっと続いていたループのお腹の不調。
原因がわからず、症状がどんどん進行していくのを
見ているしか出来なくて、本当に心配でたまらなかった。
炎症性ポリープがあったことはショックだし、これから先の心配もある。
でも、今はそれよりも原因が分かったことの安心感でいっぱいです!


やっと前に進める、やっと治療できる、やっと良くなる!
夏から2ヶ月半の間に、手術も含めると全身麻酔を3回もして
お腹の不調で苦しかっただろうけど、ずっとずっとがんばってくれたループ。
もう大丈夫だよって、やっと言ってあげられる気がします。


食欲と元気さはずっと変わらずのループ。
元気良すぎるほどのパワーがあるもんね。
今までもいろんな病気があった、今回だって絶対に負けないよ!

| 2017 通院記録 | 21:02 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT